身体を変えたければ、習慣を変える〜管理栄養士兼パーソナルトレーナーが伝えたい習慣化のコツ〜

30代、40代パパ・ママに知ってて欲しい最低限の健康知識

こんにちは、管理栄養士兼パーソナルトレーナーとして活動をしている管理栄養士パパです。

姿勢改善専門のジムでマネージャーとして、年間100人以上の方の姿勢改善をサポートしたり、

管理栄養士として、メタボ健診にひっかかってしまった方の栄養指導などを実施してきました。

現在は、運動、栄養、メンタルと総合的に、

お客様の『なりたい自分』へのサポートをしています。

身体の使い方の結果が姿勢、食習慣の結果が体型

今回のテーマは、運動習慣をつける&食習慣を変えるのに必要なことについてです。

ダイエットをしたい肩こりや腰痛など不定愁訴を改善したい‼︎

その為には、良い習慣をつくることが一番の近道です。

というのも、今のあなたの姿勢は日々の身体の使い方の結果です。

つまり、習慣の結果というわけです。

・デスクワーク時間が長い

・悪い姿勢で座っている

・歩く以外運動という運動をしていない

・リモートワークで歩いてさえいない

こういった結果が姿勢をつくります。

猫背にならないように胸を張ってます‼︎

みたいな方がいらっしゃいますが、

姿勢って意識してどうにかなるものじゃありません。

いつもの身体の使い方の結果ですので、むしろ下手な意識はしない方が良いです。

また、いつもの食習慣の結果が体型に大きく影響します。

極端な食事制限で一時的に痩せることは可能ですが、

日々の習慣が変わらなければ、結局は元に戻ってしまいます。

習慣をつくる為に必要な4つのこと

ここまでいかに習慣を変えることの大切さをお話してきましたが、

ここからは習慣を継続するためのコツです。

習慣というのは続くからこそ、習慣となります。

もちろんよしっと行動を変えることは大切なことですが、

せっかくなら歯磨きのようにしなきゃ気持ちが悪いと感じるまで、

習慣化したいものです。

習慣をつくる為に必要なものは、色々なところで書かれていますが、

今までたくさんの方の習慣づくりのサポートをしてきた私の考えも含めた4つをご紹介します。

うまくいった人も、残念ながらうまくいくまでサポートできなかった方もたくさん見てきた私だからこそ、

うまくいく人ができている4つは、下記の4つだとわかりました。

  • 目標
  • 成果を感じること
  • 正しい知識
  • ソーシャルサポート

です。

目標

目標は2つに分かれます。

1つは強い目標があること、2つ目は、明確な行動目標を立てることです。

強い目標

1つ目は、その習慣をつくることで、こんな目標を達成したいという強い目標を明確にしている人は習慣を身につけることができます。

例えば、ポジティブな目標の場合は、半年後に結婚式で自分史上一番綺麗な状態で迎えたいと言う強い目標をもっている女性は、

日々の運動習慣も食生活の改善も成功します。

実際に今まで結婚式前の方のサポートを何度もしてきましたが、そういった方は成果が間違いなく出ました。

ネガティヴな目標でいうと、医師にこのままだと死にますよと言われ、絶対20kg痩せたいという目標がある方も習慣づくりに成功する方が多いです。

このように習慣をつくる為には、明確に強い目標があることで、成功確率はグッとupします。

旦那に痩せろ、ジムいけって言われてとりあえず来ました〜

逆に上記のような人は、なかなか習慣をつくることができません。

旦那に痩せろって言われて、絶対綺麗って言わせたいんです!!

のように、自分ごとにできる方は成功します。

もし痩せる為に、運動や食習慣を変えようかな〜とやんわり思っているのでしたら、

まずはなぜ自分は痩せたいのか、いつまでに必ず痩せたいなど、

明確にすることから始めることをおすすめします。

行動目標

2つ目の行動目標をつくるは、

ぼやっと運動習慣をつくるという目標ではなく、毎日30分歩く、毎朝このストレッチをするなど、明確な行動目標をつくることが習慣化するのには必須です。

プラス毎日実施を記録すれば、継続しやすくなります。

手間はかかりますが、これを実施するお客様は習慣化の成功率が本当に高くなります。(この手間を頑張れるくらい、強い目標があるから続けられるというのもありそうですが)

成果

大枠の2つ目は、成果を感じることです。

個人的には、運動習慣や食習慣改善には、

成果を感じるってところが、

最重要だと思っています。

人はいままでの習慣を変えるというのは、相当なストレスですので、

すぐに元に戻したくなるものです。

何かしら成果を感じるということが継続する為には重要となります。

成果を感じることで、ドーパミンが分泌され、自ら続けたくなります。

例えばダイエットなら、体重や腹囲が数値で減っていることがわかれば、

成果を感じることができます。

だからこそ、私は体重の毎日の記録をおすすめしています。

また、運動習慣なら肩こりや腰痛などが軽減したり、

写真で姿勢を撮っておいて、視覚的に変化を感じると言うことも成果を感じることができる方法です。

正しい知識

3つ目は正しい知識です。

正しい知識は成果を出すために必須です。

YouTubeを見たり、自己流でトレーニングをしている方はどうしても

成果がなかなか出なくて、嫌になってしまって続かない方が多いです。

最低限正しい知識を身につければ、成果が出るので続きます。

テスト範囲外の勉強を一生懸命行っても、

テストで良い点数が取れないように、

ちゃんと目的にあった行動をすることが最短ルートとなります。

ソーシャルサポート

最後のソーシャルサポートというのは、

簡単に言えば、周りの方の支援です。

ジムでもご夫婦で一緒に通われる方は、運動を継続できる方が多いです。

また、パーソナルトレーニングジムに通う人も

トレーナーのサポートを受けることができるので継続することができます。

自分1人で頑張るのではなく、周りをまきこむことが

継続する為に大切ですので、

是非ご家族、またはTwitterなどのSNSに宣言しちゃいましょう。

まとめ

以上、私が考える運動習慣や食習慣を改善する為に、

必要な4つでした。

痩せる為に運動習慣と正しい食習慣をつけたいという方は、

①なぜ痩せたいと私は思っているのか?を明確にし、いつまでに必ず痩せたいという期限をつくる

②その為に、何を毎日するか行動目標をつくる

→毎日ストレッチから始める

→毎日ウォーキングをする

→間食は100kcal以内にする

③成果を感じる為に、記録をする

→毎朝体重を計り、記録する

→腹囲を計測しておく

→今の姿勢や身体のラインがわかる服で写真を撮っておく

④習慣化したいことについて、しっかり本などを使って学び、成果が出ることを習慣にする

→しっかり学んでからスタートだと、スタートできずに終わってしまいます。

まずは始めてしまうことが大切ですので、②の行動目標は学びながら微調整していくことがおすすめです

⑤習慣化したいことをSNSなどで宣言し、毎日発信をする

①〜⑤を行えば、あなたの習慣化の成功確率はグンっとupすること間違いありません。

1人じゃ自信がない。。。

という方も多いと思います。

そういった方は、最初はパーソナルトレーナーをつけてサポートしてもらえば、まるっとサポートしてもらえますので、

私はすべての人にパーソナルトレーナーを勧めています。

私もオンラインでサポートしていますよ!

コメント